計算流体力学研究室

Computational Fluid Dynamics Laboratory

概要

流体に関する研究はコンピューターの利用によってめざましい発展を遂げています.私たちの研究室では,直接数値シミュレーションなどの高精度手法を用いて,工学応用上の重要な輸送現象をシミュレート(“数値実験”)し,現象を支配するメカニズムを解析/モデル化することを目標として研究を行っています.現在は,流体流れ内の物体の表面上に形成される乱流(+摩擦抵抗)の制御や乱流中の熱や粒子/液滴/気泡の輸送に関する研究を行っています.これらは,原子力発電,パイプライン輸送,ジェットエンジン,電子機器,各種熱交換器の開発に必要なデータ/モデルを供給します.

Introduction

Transport of heat and mass in wall turbulence is examined using numerical simulation.

三戸 陽一 | Yoichi Mito

E-mail: ymito@mail.kitami-it.ac.jp | Tel: 0157-26-9208

研究者総覧 Researcher Database

博士前期課程 | Master’s course

佐藤 慶一 | Kei-ichi Sato

学部生 | Undergraduates

藤原 悠太 | Yuta Fujiwara

長谷川 豪 | Tsuyoshi Hasegawa

加藤 寛之 | Hiroyuki Kato

  • 「壁乱流の生成・維持・消滅機構の解明」
  • 「粗面上の乱流中における運動量/熱の輸送の解析」
  • 「乱流中の熱輸送/粒子・気泡分散の解析とモデリング」
  • 「数値シミュレーション手法の開発」
  • Sustaining mechanism of wall turbulence
  • Turbulent transport over a wavy surface
  • Transport of heat and mass in wall turbulence
  • Direct numerical simulation and modeling of turbulence
壁乱流内の渦構造
Vortices in wall turbulence
壁乱流内の粒子と渦構造
Particles and vortices in wall turbulence

お問い合わせ

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地11号館

Lab Address

165 Koen-cho, Kitami City, Hokkaido, Postal Code 090-8507, Japan


↑PAGE TOP