機械電気系の研究紹介へようこそ!

top-sp_img1
bnr_top2
bnr_top1
previous arrow
next arrow

系長からのメッセージ

 平成29年4月の改組により、北見工業大学に地球環境工学科 エネルギー総合工学コースと、地域未来デザイン工学科 機械知能生体工学コースが誕生しました。機械電気系はエネルギー総合工学コースと機械知能・生体工学コースの主担当教員で構成されています。

 エネルギー総合工学コースと機械知能・生体工学コースの両コースでは、従来の機械工学科の基礎を成す四力学(材料力学、機械力学、流体力学、熱力学)を重点的に学ぶことに加え、エネルギー総合工学コースでは、再生可能エネルギー、地域分散型エネルギーシステム、省エネルギーシステムといった、エネルギーを軸とし、熱エネルギー、流体エネルギー、電気エネルギー、化学エネルギーといったエネルギー工学を総合的に学ぶことのできるカリキュラムとなっており、これからの社会のエネルギー問題を担う、次世代エネルギーエンジニアの育成を目指しています。また、機械知能・生体工学コースでは、四力学に加えて、制御工学、医療工学、ロボット工学、人工知能、生産工学、農業工学を学び、地域や社会が抱える課題を発見する感性と広い視野、従来の学問分野にとらわれずに課題を解決する気概と能力を持ったエンジニアの育成を目指しています。

 現代社会が抱える問題は従来の分野の枠組みでは解決が困難となってきています。機械電気系のエネルギー総合工学コースと機械知能・生体工学コースで幅広い学問を学ぶ学生には、これからの社会そして日本を支えるという自覚と幅広い視野をもったエンジニアを目指して成長して欲しいと思います。

 両コースでの学びには、人生にとって貴重な経験が待っていることと思います。現状に踏みとどまらずにチャレンジし、新しい一歩を踏み出してください。

北見工業大学工学部 機械電気系
系長  星野 洋平


↑PAGE TOP