所属コース紹介

エネルギー総合工学コース

コース長からのメッセージ

 本コースは、電気エネルギー、機械エネルギー、そして化学エネルギーなどのエネルギーを総合的に捉えて、再生可能エネルギーなどの新しいエネルギーを従来のエネルギーに新たに組み込んだ電力システムを構築する、あるいは新たなエネルギーのあり方を研究するためのコースです。このコースでは基本的なエネルギーについて学び、学年進行と共に、応用系の学問を学び、自ら考える、そして自ら実行する学生を育てていきます。

 そのために、電気回路(パワー回路)や電気磁気学、熱や流体などの基礎的な学問から、電子デバイスやエネルギー変換、飛行の科学や高速熱流体、蓄電池など様々な角度でエネルギー問題を捉え、最新の研究成果なども交えた生きた学問から、グローバルな社会の中でのエネルギーについて理解し、そして応用することを前提に、豊富な実験や実習、アクティブラーニングなどの学生が主体となって考えるカリキュラムを実践していきます。

 また、4年生~大学院まで一貫した教育と3年間の研究を行うことで、機械にも電気にも強く、そして化学の知識も持つことができるという全国でも数少ないエネルギー問題を多角的に解決できる優れた技術者・開発者を育てるという理念のもと、総合工学IやIIなどの講義で、実際にコースの先生方の研究室に模擬的に参加したりして、先生方の研究に触れる機会を大事にしています。特に、機械も電気もできる学生というのは、自動運転などの自動車関連、世界を牽引している半導体関連、通信関連はもちろんのこと、土木や建築分野においても電気を使わないところはないため、本学の中でも最も多くの求人数を誇るコースです。皆さんも、多岐に渡る多くの求人に中から就職先を選ぶことが可能です。さらに、高等学校教諭一種免許状(工業)の資格取得や、公務員などの就職先を選ぶこともできます。

 魅力ある先生方(教授6名、准教授6名、助教5名)と共に、是非研究の楽しさに触れて、新たな発見を一緒に体験しましょう。

エネルギー総合工学コース
コース長  武山 眞弓


機械知能・生体工学コース

コース長からのメッセージ

 本コースは,「ロボット技術を活用した福祉機器」,「一次産業の機械化」,「ICTを用いた生産技術」,「高齢化社会を支える医療工学技術」,「地域医療に貢献する医用工学技術」等を対象とし,機械系・情報系・生体系に関する基礎学力と問題解決能力の育成を重視したカリキュラムとしている.

 具体的には,機械工学の基盤を形成する材料や運動の力学,熱力学や流体力学等の基礎科目に加え,制御工学,医療工学,ロボット工学,製造工学,設計工学,プログラミングやメカトロニクスなどの応用科目や実験を配置し,様々な視点から学習が可能である構成としている.これにより,基礎学力の基盤の上に広い専門的視野と応用力を持った技術者として,地域や社会が抱える課題を発見し解決できる能力を養成する.

 卒業生の皆さんは学士(工学)という学位が取得するとともに高等学校教諭一種免許状(工業)や学技術者資格を取得することができる.本コースに所属する学生は主に「材料力学」「計算力学」 「環境有機化学」「生産加工システム」 「生体メカトロニクス」「知的システム工学」 「医療情報・医用画像工学」 「複雑情報学」「応用電気」という研究室に配属され,該当する分野について最先端の研究を行うことができる.

 現在,17名の教職員が(教授4名,准教授7名,助教6名)が本コースを主担当している.教員の皆さんは,国内外から研究・教育への貢献について高い評価を得ています.

 履修できる科目,研究テーマ,教員,キャリアや進学についての詳細な情報は本HPにリンクされている他のページに記載されているので是非ご参考にしてください.

機械知能・生体工学コース
コース長  ウラ シャリフ


↑PAGE TOP